卵でコレステロール値を下げる!?

「ねぇ、卵って、1日1個までじゃないと体に悪いって聞いたけど、ホントなの?」

私もなぜか昔から「卵は1日1個」というイメージを持ち、それ以上食べないようにしてきましたが、これってどういった理由からなのか知ってますか?

これに関係しているのが「コレステロール」。

コレステロールの1日の摂取量は300mgが望ましいのですが、卵1個に含まれるコレステロール値は「1個=250mg」。

・・・2個食べたらオーバーしちゃう・・・

そう。このようなことから「卵は1日1個」というルールが一般的な概念になったのです。

とはいえ、卵には栄養価がたくさん含まれていますし、毎日の料理でも欠かすことができないし、お菓子などにも使われているし、、、と考える人も多いはず。

ましてや、このサイトを見ている、ニンニク卵黄を飲もうか悩んでいる方にとっては、1日1個というルールを考えると「ニンニク卵黄を飲んだら、コレステロールの摂りすぎになっちゃうから、卵料理はほとんど食べられないの・・・」と不安に感じるかもしれません。

ご安心ください。
実はニンニク卵黄はコレステロール値を下げる効果があるのです!

ニンニク卵黄がコレステロール値を下げるという事実

コレステロールの部分が注目されている卵ですが、実は卵黄の部分には「レシチン」という成分が含まれています。

このレシチンというのは体内や血管の中に溜まっているコレステロールを体外で排出して、悪玉コレステロール値を下げる働きをしてくれるのです。

このことを考えると卵がコレステロール値を上げる、というのはおかしな話ですよね?

実はこのレシチンという成分は、そのままの形では体内に吸収されづらいため、効果がでにくいのです。つまり、普通に食べたままでは「卵のコレステロール>レシチンの働き」というわけなんです。

しかし!ニンニク卵黄として一緒に摂ると違います。

ニンニクに含まれているアリシンとレシチンが結びつくことによって、脂質アリシンという成分が生まれます。これがレシチンの働きを強化してくれるのです。

その結果、関係性は逆転して、ニンニク卵黄はコレステロール値を下げ、血液サラサラ、動脈硬化や心臓疾患などの生活習慣病を予防するようになるのです。

このように卵もニンニクと一緒に食べることによって、コレステロール値を下げ、私たちの健康を維持するためには欠かすことができないものになります。

だからといって、毎日大量の卵とニンニクを食べれば健康になるというわけではありませんが、栄養バランスを考えて摂れば、卵も立派な健康食品になっているということを覚えておいてくださいね。

このページの先頭へ